たるみ


老けて見える頬のたるみの原因とは?

頬がたるんでくると実年齢より老けて見られがちです。また、たるんできた頬の影響で思ったような表情が作れなくなり、全体的に暗いイメージを与えてしまいがちです。

見た目がふけて見えてくると鏡を見るのも嫌になり、顔のお手入れにも興味がなくなり、人と会ったり外へ出るのも億劫になってしまいがちです。

では頬はどうしてたれてくるのか、頬のたるみの原因やメカニズムなどについて紹介していきます。


なぜ、頬がたるむのか?

・紫外線
紫外線の刺激で、肌に潤いや張りを与えるコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などを作り出すことができなくなり、肌の張りがなくなり、頬がたるんできます。紫外線はそのほかにもさまざまな肌トラブルの原因とされているのでできるだけ避けるようにしたほうがいいでしょう。
・顔面の筋肉の衰え
表情をあまり動かさない生活をしていませんか。体の筋肉同様に顔の筋肉も、動かさなければだんだん退化していきます。顔の筋肉が退化してくると皮膚がたるんできて、頬もたるんでしまいます。
・加齢
加齢によって顔の筋肉が退化するとともに、顔に張りや潤いを与えていたコラーゲンやヒアルロン酸などが減少し、たるみとなって現れます。
・乾燥
皮膚の細胞内が水分不足を起こすと、肌のバリア機能が低下し、さまざまな皮膚トラブルの原因となります。 たるみも乾燥からも引き起こされるといわれています。
・姿勢
長い間パソコンなどを見続けたりすることで、首の位置がずれ、それを修正するために身体は首の筋肉を緊張させて首の位置を戻そうとします。緊張した首の筋肉は顔の筋肉や皮膚などを下に引っ張るので頬がたるんできます。

さまざまな原因から顔の筋肉が衰えたり、顔に張りやつやを与える成分が作られなくなってしまうことが頬のたるみの原因の大きな要因です。

この要因を抑えることが頬のたるみを軽減させるポイントといえます。




ふけて見える頬のたるみを解消するには?

SEP_327215200714-thumb-815xauto-16089


頬がたるんでいると実年齢よりかなり老けて見られがちです。また、頬のたるみは筋肉の衰えなどから来ていることもあって、そのままにしておくと全く表情がなくなってしまい暗いイメージを与えてしまいがちです。

明るく生き生きとした表情を取り戻すには、顔の色んな筋肉を動かすことによって硬くなるのを防ぎ、たるみを解消させる必要があります。

ではどのようにして頬のたるみを予防、解消すればいいのでしょうか。自分でできる頬のたるみの解消法について紹介していきます。


手軽にできる、たるみの解消法

頬のたるみの中で一番手軽に行なえる改善策は、紫外線と乾燥から肌を守ることです。人間の肌の内側には、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロンさんなどを作り出す機能があります。

紫外線や乾燥によって肌がダメージを与えられ続けると、肌の張りや弾力を与えるためのコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが劣化してしまい、皮膚にしわができたり、たるみがおきやすくなってしまいます。

そういった事態を防ぐため、紫外線対策はまめに行なうようにしましょう。外へ出なければ大丈夫と考える人もいるようですが、室内でも至芸腺は届きますし、雲りでも、夏でなくても紫外線は出ているので、夏に限らず常に対策をすることがお勧めです。

また、乾燥を防ぐため、肌は常に保湿して潤いを与えてあげましょう。紫外線や乾燥はたるみだけでなく、多くの肌トラブルの原因にもなるので、紫外線対策と保湿を行なうことで肌は十分若返ってきます。

顔の筋肉の低下が低下することでたるみが起きている場合は、筋肉の低下を防ぐストレッチ体操をします。最も簡単な顔の筋肉のストレッチは大きな口をあけて「あいうえお」と発音します。一文字に付き5~10秒ほど表情をそのままにすると口角が上がり、筋肉が引き締まります。

また、頭皮が硬くなったり、悪い姿勢で首の位置がずれたりすることによって頬のたるみが起きている場合には頭皮や首筋をやさしくマッサージして血行をよくすることで頬のたるみも軽減します。

たるんできたからといって一度に全ての対策を行なっても急にたるみは改善しません。毎日少しずつ行なうことがたるみの予防や解消のポイントといえます。

頬のたるみを自覚するために

(公開: 2015年07月07日 更新: 2015年07月11日)

顔は常に色んなところで人に見られる部分です。その顔の頬がたるんでいたら、鏡を見るだけで悲しくなってしまいますし、人には実年齢より老けた印象をもたれてしまうものです。また、頬がたるんだまま何もせずに放置してしまうと、どんど […]

頬のたるみを自覚するために